もらった年金が3倍に増える!夢のような海外移住を始めよう!>海外で年金を受け取ると税金が節税できるかもしれません

海外で日本の年金を受け取ると、その国の物価によっては、
支給額が倍増することもあるということは、サイト内で何度か
説明しました。

ではどうすれば、海外にいながら日本の年金が受け取ることが
できるのでしょうか?

海外で受け取る場合の手続きは、日本で受け取る場合の手続きと
若干違います。
こちらのページでは、海外で日本の年金を受け取るための
手続きの流れについて、説明したいと思います。

@居住している市町村区役所に『海外転出届』を提出する
 (詳しくは「海外転出届の手続き」を見てください。)
A管轄の年金事務所で以下の書類をもらう。
◇年金の支払いを受ける者に関する事項
◇年金受給者・住所支払金融機関変更届
B必要事項を記入し、年金事務所に郵送する
(受け取る金融機関は、日本と海外の好きなほうを指定できます。)

『日本の金融機関で受け取る場合』
支給額から規定の控除額を引いた金額の20%が、所得税として
課税されます。

『海外の金融機関で受け取る場合』
移住先の国が「租税条約締結国」である場合は、「年金の支払いを
受ける者に関する事項」の書類と共に、「租税条約に関する届出書」
を提出することで、日本の所得税は免除され、現地での課税と
なります。
移住先が日本より税金の低い国だと、海外の金融機関で受け取る
ほうが節税になります。

もらった年金が3倍に増える!夢のような海外移住を始めよう!

トップページ
海外移住するとこんなメリットとデメリットがある!
海外移住するための情報を収集するための手段!
海外移住先を決めるための4つの重要ポイント!
移住先の前にロングステイを試してみよう!
海外にずっと住むなら永住権?それとも永住人?
「リタイヤメントビザ」って普通のビザとどう違う?
言葉がわからなくてもジェスチャーで何とかなる?
海外生活に必要な資金の有効な貯め方
海外生活に必要なパスポートの取得方法
海外でも運転できるように運転免許を取得しよう
海外移住でも転居届けが必要か?
海外で年金を受け取ると税金が節税できるかもしれません
国際運転免許証・海外転出届・年金以外に手続きが必要なもの
病気になっても困らないよう忘れずに「海外旅行保険」に加入しておこう
海外移住で気をつけなければいけない3つの病気
海外移住するための賢い引越し手続き方法!
海外移住で注意をしなければいけない4つのポイント
海外移住先の治安を必ず調べておこう
海外移住先が親日国か反日国かを調べておくのは結構重要です
3大宗教で禁止されている事項を把握しておこう
日本人街がある国は住みやすい。日本人街がある国はここだ
海外移住を始めるなら物価が3分の1のマレーシアがイチオシ
大自然が好きな人はカナダ移住がイチオシ
一年中リゾート気分が味わいたいならハワイがイチオシ
最近注目度急上昇言葉に困るならタイがイチオシ
寒暖の身体的負担軽減なら地球最後の楽園のバリがイチオシ
家事から解放されたければメイドが安く雇えるフィリピンがイチオシ
ストレスに疲れた身体を癒すならオーストラリアがイチオシ
日本人向けのサービスが充実している国はシンガポールがイチオシ

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system